DPFメンテ

キャンター 4P10 DPF マフラー詰まり 洗浄
今回のマフラー洗浄依頼はオークションで落札された ふそうキャンター積載車 初度:平成29年5月 エンジン型式 4P10 走行33,527km お話を伺うと、落札した後に、マフラーDPFの手動再生が点滅、走行中パワーが出ず速度が40kmないくらいでした。

祝 クリック数 1,800
ありがとうございます。弊社のホームページに過去 28 日間で Google 検索から 1,800 回のクリックを獲得しました。

アドブルーチェックランプ プロフィア
アドブルーチェックランプの点灯でご入庫です。弊社のアドブルー点灯頻度ランキングの一位はプロフィアですね。 車両データ プロフィア 型式 QPG-FN1AWDA エンジン型式 A09CC

日野 プロフィア 尿素システム異常 SCRフィルター溶損
日野のプロフィアでマフラー関連での故障が多い部分 尿素システム異常やSCRフィルターの溶損が多いです。 マフラーを洗浄する際、分解点検するのですが、 プロフィアのE13C・A09CのSCRを分解してみると 左の写真のようにフィルターの周りが焼け溶けて削れてるのがわかります。...

インジェクター取替 いすゞ 6HK1
インジェクターでのエンジン不調でホームページを見ての入庫です。 エンジンチェックランプ点灯 いすゞ フォワード 型式:PDG-FRR34S2 6HK1 弊社ではDPDマフラーの詰まり1番の原因はインジェクターの燃料噴霧状態が良くなく、黒煙、煤が出る現象 ノズルが詰まるとエンジンのアイドリング不調、パワーが出ないなど症状が出る現象です。

E13C プロフィアDPR チェックランプ点灯
先月新規でマフラー洗浄したお客様から再度依頼がありました。 今度は別の営業所からです。 依頼内容は走行中DPR異常 エンジンチェックランプ点灯でした。 車種は日野 プロフィア トラクターヘッド 平成27年式 エンジン形式 E13C 走行距離777,723km 診断結果です。

エクストレイル ディーゼル DPF チェックランプ
珍しく乗用車です。 エクストレイルのディーゼルターボ 4WDのマニュアル車 果たして大型で培ったノウハウは役にたつのか?それでは点検していきます。

いすゞ ギガ DPD再生頻度多い
今回はいすゞのギガのマフラーDPD洗浄とインジェクターの洗浄依頼です。 年式は平成28年式 エンジン形式は 6UZ1 走行773,643km 依頼内容は自動再生の感覚が短くなったです。 分解点検する前に診断機で各部数値計測します。 まずはインジェクターです。 補正値と見てみます。 1. -2.3 2. -1.2 3.  3.0 4.  3.1 5. -1.0 6. -1.5 DPD差圧 アイドリング時 0.31kpa 2,000 RPM  1.31kpa...

尿素SCRシステム異常
尿素SCRシステム異常 プロフィアでよくあるトラブルです。

プロフィア E13C マフラー洗浄
新規のお客様でマフラーの洗浄の施工依頼です。 手動再生率が高いの事。 車種は日野 プロフィア トラクターヘッド 平成28年式 エンジン形式 E13C 走行距離718,511km 分解洗浄する前にデーター取りしました。

さらに表示する