DPFメンテ

DPFメンテナンスの把握
DPR・DPF排気(後処理)システムのメンテナンスはタイヤのメンテナンスよりも費用がかかることが証明されており、今日のトラックで最も高価なメンテナンス項目の1つです。部品コストは法外であり、関連する休業時間は壊滅的なものになる可能性があります。 トラックは後処理システムのメンテナンスに対してより予測的なアプローチを取る必要があります。  現在、運送会社の車両管理責任者の中には、より予防的な後処理システムのメンテナンスをしなければならないという事実を受け入れる人はまだまだ少ない。  私達は、いくつかのトラックメーカーの後処理システムに独自の問題があることに同意しますが、問題の多くは前処理(上流)の障害が原因であることが多いです。  後処理システムの繊細さは、多くのことによって混乱する可能性があり、アップストリームの障害は、その多くが気付かないかもしれませんが、悲惨な結果をもたらす可能性があります。
米国でDPFメンテナンスの新しいアプローチ
DPFは文字通り密封されたゴミ箱のようです。彼らがいつ満杯に近づいているかを見ることができないので、彼らがそれ以上貯められなくなるまで、灰と煤を送り続ける傾向になります。その時は、あなたはすでに問題を抱えています。  メンテナンス後の再生回数の増加が解決策と見なされることがよくありますが、再生は実際に問題を悪化させる可能性があります。それらは、燃焼プロセス中に未燃のまま逃げる軽油によって残された煤粒子を酸化または燃焼させることを目的としています。これらの粒子は、排気ガススタックから黒煙として噴出するために使用されていました。  しかし、DPFによって貯まる物質は煤だけではありません。灰(アッシュ)が大きな原因です。ピストンリングを通過して燃焼室に滑り込むのは、軽油からの残留物です。オイルの一部は燃焼中に燃焼して煤を生成しますが、潤滑油添加剤は不燃性であり、灰としてDPFに閉じ込められたままになります。

ディーラーでの診断結果、インジェクター不良により新品に交換したが、症状が改善されず。
糸島からハイエースのインジェクター不良で問い合わせ。DPRやインジェクターの不調が最近多く、毎日のように相談が舞い込んでくる。

このイスズトラックは、自動再生を行う際に20秒程、煙幕の様な白煙をはく、時間も20分ほど掛かっていたとのことであった。 熊本のディーラーでは故障原因が掴めず、排気系統アッセンブリー一式を交換する必要があり、それで症状が改善しない場合はインジェクション系統の交換もやる方向だと説明を受けた。...
ご入庫までの経緯. いすゞフォワード 走行中にメーター上のDPDの詰まりレベルが満タンになり、手動再生を試みるも詰まりのレベルが1/5ほどしか減少しない、そして、すぐにまた満タンになってしまう症状でした。 お客様のグループ会社メンテナンス部門にて、テスター診断及び、強制再生を行いましたが、一向に改善せず、弊社へ相談があり入庫となりました。

今回はS物流様からDPF洗浄を依頼されました。
18万キロ走行したバネットはディーラーへ救急依頼。見積もりは50万円、そこでネット検索したらアクトジャパンが・・・。八女から福岡インターまですっ飛んできたバネットは?

福岡県鞍手郡のミキサー車、マフラーも詰まりに詰まって内部フィルターが高温で溶解がところどころに見受けられるほど悪化しており、排気が円滑にできない重症、さあどうする?!
本日は玩具最大手メーカーの10トントラックが定期検査の一環としてDPF/DPR再生、洗浄に入庫してきた。

さらに表示する